兵庫の保育を考える集会

a0194079_20191372.jpg
 a0194079_20183598.jpg















   


















加古川市にあるはとの里保育所で行われた「第39回兵庫の保育を考える集会」に参加しました。
しばらく続いている大雨や今日の天候不順から開催が危ぶまれていましたが
当日は行きと帰り雨に打たれず参加することができました。
午前中は11の分科が行われ私は「新制度になって3年」の分科会に参加しました。
・なぜ待機児童がなくならないのか
・姫路わんずまざー保育園の事件はなぜ起こったのか、
・保育士不足はなぜ起きているのか
   給料が安い、初任給で手取り12万円のところも、男性保育士の離職が多い、結婚できない。
   地域で違うのは、国家公務員の賃金格差がすべてには波及しているからです。
   姫路市では格差の改善を自治省にきっちり交渉してくれるよう市に申し入れている。
   西宮100分の15、神戸100分の18.
   民間では、予算をどこで削るのか、人件費で削るしかない。
   制度上の矛盾実際、11時間保育が大多数なのに国の補助は8時間保育分しか付かない。
多くの意見が出され活発に話し合われました。

午後の講演は「子どもの権利と世界平和」と題して
ジャーナリストの伊藤千尋さんのお話を聞きました。
発達途上国のコスタリカはなぜ、国民の医療費の無料化、
大学までの教育費の無料化ができているのか、
それは以前国家予算の30%にまでなっていた国防費をなくしたから可能になった。
30%代の時も争いが絶えず、平和ではなかったその反省にたって軍隊をなくしてしまった。








トラックバックURL : https://yuzumonaka.exblog.jp/tb/238645012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by satosi5162 | 2018-07-08 21:38 | Trackback | Comments(0)

1955年生まれ,保育士、中尾保育所,松蔭保育所勤務 、新婦人の会明石支部常任委員、明石市女性団体協議会委員、明石市都市計画審議会委員、谷八木子ども会副会長等歴任、現在 明石市議会議員  太極拳2段


by satosi5162