「ブラック企業規制法案」

a0194079_21285722.jpg共産党は、極端に離職率が高いなど苦情や相談が多く、
若者の使い捨てが疑われる企業への対策を盛り込んだ
「ブラック企業規制法案」を取りまとめ、
15日参議院に提出しました。


年間の残業時間の上限を360時間とし、。     
                 
サービス残業が明らかになった場合、
規定の2倍の残業代を従業員に支払うことを義務づけるほか、
終業から始業まで連続11時間以上の休息時間を保障するなどとし
企業側に労働環境の改善を促しています。

共産党は先の参議院選挙で、党所属の参議院議員が11人となり、
党単独で法案を提出できるようになりました。

志位委員長は記者会見で「若者を使いつぶすブラック企業を放置すれば、さらなる労働条件の悪化をもたらす。すべての会派に、立場を超えて、真摯(しんし)な検討と審議を呼びかけたい」と述べています。。
トラックバックURL : https://yuzumonaka.exblog.jp/tb/18793604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by satosi5162 | 2013-10-15 21:32 | Trackback | Comments(0)

1955年生まれ,保育士、中尾保育所,松蔭保育所勤務 、新婦人の会明石支部常任委員、明石市女性団体協議会委員、明石市都市計画審議会委員、谷八木子ども会副会長等歴任、現在 明石市議会議員  太極拳2段


by satosi5162