2016年 02月 04日 ( 1 )

人間らしい労働と生活を

a0194079_21355747.jpg


今年初めての川崎重工明石工場門前宣伝に参加しました。
日本共産党川崎重工委員会が昨年末行なった「人間らしい労働と生活」実現の要求アンケート集計結果を掲載したはぐるま号外の配布をしました。

はぐるまには
「職場で最も不安・不満の第1位が”賃金が安い”(正規社員・非正規社員とも)
生活向上のために月額2万円以上の賃上げ」がほとんどの声でした。
非正規社員の方は、差別待遇と契約更新の不安・不満が多くありました。
使い捨て労働に対する批判、長時間労働がサービス残業の温床になっている
大半の労働者は仕事に誇りと働きがいを感じている
これらに答える「人間らしい労働と生活」の確立は企業の責任です」
と書かれています
by satosi5162 | 2016-02-04 21:33 | Trackback | Comments(0)

1955年生まれ,保育士、中尾保育所,松蔭保育所勤務 、新婦人の会明石支部常任委員、明石市女性団体協議会委員、明石市都市計画審議会委員、谷八木子ども会副会長等歴任、現在 明石市議会議員  太極拳2段


by satosi5162