2015年 09月 27日 ( 1 )

a0194079_22131291.jpga0194079_22112946.jpg










年金者組合の作品展に行ってきました。
毎年皆さん力作ぞろいで秋の芸術を堪能してきました。
お気に入りは、ストローで作ったえび。
今にも泳ぎだしそうでした。

その後湯浅誠さんの講演会「子どもの貧困を考える」を聞きに行ってきました。
今、日本の子ども6人に1人が貧困家庭で育っているといわれています。
特に離婚、即貧困家庭に陥ることが多い、
先進国の中でも日本は働いているのに貧困である(ワーキングプア)
貧困であるために子どもは、クラブに入れない、修学旅行に行けない、
友達とお金のかかるところへ行けない等、我慢を強いられる。
話についていけない、なんとなく友達と疎遠になる。
つもりに積もって、どうせ私なんかと将来に展望がみいだせなくなる。

格差拡大社会とは、隣に人がいなくなる社会である。
競争が激化し、自分よりできる人できない人ランクづけをしてしまう。
ぼーとしていたら落ちてしまうかもしれない、と上の人でさえ不安に思っている。
社会全体の健康状態が良くない、
アベノミクスはワーキングプア解消には向かっていない。

日本は長く教育にお金をかけてこなかった、
教育費は消費税が上がっても増えない仕組みになっている。
もっと教育に国の予算を付けなければいけない。

最後に福沢諭吉さんの言葉を紹介していただきました
「・・・すなわち学校は人に物を教うる所にあらず、
ただその天資の発達を妨げずしてよくこれを発育するための具なり。
教育の文字ははなはだ穏当ならず、
よろしくこれを発育と称すべきなり。」

湯浅さんは素敵な方でした、実践に基づいて話されるので
説得力があり聴衆を飽きさせない
そして方向性のヒントをくださった。
実りある講演でした。

泉市長もあいさつに来られました。
「子どもの貧困、チームを立ち上げ、まだ半ばです・・・・」
あれ、もう3月で解散してしまったのではなかったんですか。
予算がつかないので続けられないのですと、説明を受けましたが?
by satosi5162 | 2015-09-27 23:22 | Trackback | Comments(0)

1955年生まれ,保育士、中尾保育所,松蔭保育所勤務 、新婦人の会明石支部常任委員、明石市女性団体協議会委員、明石市都市計画審議会委員、谷八木子ども会副会長等歴任、現在 明石市議会議員  太極拳2段


by satosi5162