2014年度予算要望書提出

a0194079_0171138.jpg

2014年度予算要望書提出と
意見交換を40分ほど行いました。

私は、幼保一体化に向けた交流保育について、
「現場職員や保護者の納得が得られていない段階で
来年4月から行うのはあまりにも早急すぎる、
きっちり説明し、納得を得られるようにするべきだ」
「保育士や保護者の方は、一体化を望んでいない、
現状でいいという意見が多いにもかかわらず、一体化に向けてどんどん進めて行っている
ちゃんと、当事者の意見を聞くように」
と市長に訴えました。
市長は「質の高い教育と家庭的な保育を提供するための一体化です」
私は「今の職員数では今の保育でも大変なのに新しいことをするのには無理がある」

「幼稚園にとっても、3歳保育、預かり保育、交流保育と3つも新規事業をするのに無理がある
幼い子を預かるのです、何が起こるかわからない面もあります、安全を確保するために、一つ一つ丁寧にやっていくべき」と訴えました
トラックバックURL : http://yuzumonaka.exblog.jp/tb/18952910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by satosi5162 at 2013-11-12 22:36
コメントありがとうございます。二見保育所の保護者アンケートでは全員4・5歳児の幼稚園での保育に反対で今のままがええんやなんで行かなあかんのかわからへんとおしゃっているそうです。
松ヶ丘保育所でも説明会で不安や疑問の声が続出とおお聞きしています。市は丁寧にお答えしています、計画は順調に進んでいますといいますが、どうも保護者の皆さんの声が届いていないようです、聞くふりをしてその場を濁しているだけなのか、いずれにしても今のまま突き進むと、とんでもないことになるのではと危惧しています。
by satosi5162 | 2013-11-12 00:44 | Trackback | Comments(1)

1955年生まれ,保育士、中尾保育所,松蔭保育所勤務 、新婦人の会明石支部常任委員、明石市女性団体協議会委員、明石市都市計画審議会委員、谷八木子ども会副会長等歴任、現在 明石市議会議員  太極拳2段


by satosi5162