明石の幼稚園・保育所はどうなるの

a0194079_2155647.gif

9月19日文教厚生常任委員会が行われました。
平成26年度における預かり保育の拡大、幼保一体化の試行(案)についての説明がありました。

預かり保育の拡大(案)

人丸幼稚園、藤江幼稚園、江井ヶ島幼稚園、高丘西幼稚園、二見北幼稚園の5園、市直営で行われます。
すでに、錦浦幼稚園、大久保南幼稚園ではNPO法人による預かり保育が行われています。

実施日は年末年始、土、日、祝日を除いた日(長期休業日も実施)
時間は、教育時間終了から午後4時までです。
平成27年度以降は段階的に全園実施を検討していきます。

幼保一体化の試行(案)

二見地区(二見幼稚園、二見保育所)
①幼稚園の4、5歳児を対象に預かり保育を実施します。
②3歳児保育を実施します。
③保育所の4、5歳児を対象に、幼稚園の余裕教室において、幼稚園児とは別クラスで、教育・保育を行います。

松が丘地区(松が丘幼稚園、松が丘保育所)
①幼稚園の4、5歳児を対象に預かり保育を実施します。
②3歳児保育を実施します。
③幼稚園の園庭等を活用した幼稚園児と保育所児の定期的な交流をします。
 27年度以降は幼稚園の余裕教室において、幼稚園児とは別クラスで、教育・保育を行います。

あわせて、両地区において混合クラス編成に係る対応策を検討していきます。

以上、国の新システムに沿ったものですが、明石市が行おうとしている幼保一体化は、問題が山積みです、子ども、先生、保護者にとって負担が大きく、幼稚園の先生も、保育所の先生も、幼稚園の保護者の方も、保育所の保護者の方も誰も望んでいません。行き来する時のの危険性もあり、今一度、白紙に戻して考えてみるべきではないでしょうか。
トラックバックURL : http://yuzumonaka.exblog.jp/tb/18664980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by satosi5162 | 2013-09-23 22:14 | Trackback | Comments(0)

1955年生まれ,保育士、中尾保育所,松蔭保育所勤務 、新婦人の会明石支部常任委員、明石市女性団体協議会委員、明石市都市計画審議会委員、谷八木子ども会副会長等歴任、現在 明石市議会議員  太極拳2段


by satosi5162