安倍首相の3本の矢

a0194079_17253789.jpg

明石社会保障推進協議会の総会に参加しました。
総会のあと、二宮厚美先生(神戸大学名誉教授)の講演が行われました。

話の中で、安倍首相の3本の矢について解説されました。

「1本めの矢 
不景気を改善する。 
矢はとぶがポトンと落ちてしまう矢
金融緩和で日銀が紙幣をばらまくが、銀行どまり
日銀は一般の人と取引しない。毎月10兆円ばらまくが、
銀行から先は、政府も、日銀も決められない。
大企業は銀行で借りなくても、自分がたっぷりお金を持っているので
ちっとも借りてくれない。不況で個人は住宅ローンを組めない。

2本めの矢 
公共事業の大盤振る舞い 
的に当たるがぽとんと落ちてしまう
、ゼネコンまでは景気を引き上げる、
今の不況は、国民の所得が落ち込んでいる消費不況、
ただちに国民の消費にいかない。

3本めの矢
成長戦略
のっけから的外れ、
へたするとブーメランのように戻ってきてしまう。
大企業の力をつける、大企業の国際競争力、インドや中国に出かける。
国内産業の空洞化」

どれをとっても国民に
いいことは何もないように思えますが
トラックバックURL : http://yuzumonaka.exblog.jp/tb/17504543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by satosi5162 at 2013-03-24 20:46
ほんまや、ありがとう、早速書き加えておきます。
by satosi5162 | 2013-03-24 17:39 | 活動報告 | Trackback | Comments(1)

1955年生まれ,保育士、中尾保育所,松蔭保育所勤務 、新婦人の会明石支部常任委員、明石市女性団体協議会委員、明石市都市計画審議会委員、谷八木子ども会副会長等歴任、現在 明石市議会議員  太極拳2段


by satosi5162